空洞

Hearthstone(ハースストーン)の話など。雑記もあります。

魔道具専門店のマリガンと確率(メモ)

専門店のキープ基準に関して

専門店を単キープするマッチアップ

先攻の場合

ロイヤルを除くすべて

後攻の場合

ネクロ、ウィッチ、ヴァンプ、ドラゴン

・確率の話

専門店をマリガンで返して、デッキ残り22枚、1枚以上引いている確率は80.1%。
複数カードのマリガンで返ってくる確率考えるともう少し高いか。
7tに専門店があれば勝てるマッチアップは残す。

ちなみに2枚以上引く確率は35%。

・対ロイヤルでなんで残さないか

単キープした場合に4枚引いて専門店の2枚目を引く確率が20%だから。

言い換えると先攻2t、後攻1t目に2枚以上専門店を持っている確率20%。

ロイヤル戦はハンドが細いと処理が追い付かず負けパターン。

つまり勝つ確率が
【専門店を返してキーカードを引く】>【専門店を残しながらキーカードを引く】

という主観。

もちろん単キープするかの話なので臨機応変に。

 

・結束の魔術関連のドロー確率

マリガンのパターンを網羅するのは複雑なので単純化して計算する。

マリガンなし・境界1枚結束3枚・4枚中1枚以上ドローしている確率

残りデッキ30枚→70.0%

残りデッキ25枚→86.2%

ちなみに、初手の3枚にある確率は28%と意外と高いのだ。

・セットキープするパターン

あまりわからない。
大釜+魔鏡はキープすることが多い。(ただし対ロイヤルはカゲミツケアする)

※後攻1t大釜を出した状態で2t以降に接合を打ってドローを進めることも含める

エクステンドマジック周りは土の枚数依存。
マジックミサイル+ビジョン+専門店をキープするかは気になっている。

 

・キープしてはいけないカード群

このデッキはキープするかという思考ではなく、このカードをキープしてはいけないという思考でマリガンしている節がある。

マナ、休息、グラウンドサークル、接合単キープ、調理、落石、知恵の光あたりはNG。

マジックミサイルは専門店があるときのみ変動。1点を打ちたい対象があり手札を減らしたくないからキープする、ということはありうる。

 

・でたらめな接合を打つ判断基準

場合分けが必要。単純に基準となるパターンで考える。

1.専門店が1枚、接合がハンドに1枚あるパターンで接合を打つとする。

1.1 残りデッキ枚数30から6枚ドロー→36.6%で専門店1枚以上

1.2 残りデッキ枚数25から6枚ドロー→43.0%で専門店1枚以上

※6枚なのは次のターンのトップを考えている

ここからさらにドロー進めることを考える。

1.1の場合、残りデッキ枚数20枚まで掘り進めたときに56.3%で専門店が手に入る。

専門店を持っていて接合を打たざるを得ない場合、早めに捨ててしまいその後のドローを進めていくほうがよさそうだ。

 

・接合から接合がつながる確率

 接合1枚持っている状態で、2tに接合を打って、3tに接合を引いている確率 31.8%

3回に1回くらいと考えると結構高い

 

パッケージでローソンに行かなくなってしまった

そんなことで自分がコンビニを選んでいることが気づいた。ローソンの新パッケージが話題になっている。

 

続きを読む

学習法ー英単語の覚え方

高校生のとき、英単語のテストを受けた。ターゲット1700からランダムに100個の単語を出して、100点取ったら図書カードをくれるという。本をもらって1時間くらい読んで、テストを解いた。100点だった。特に意味はない。これは能力の話で、努力の話ではないからだ。私はよく見れば覚えられるという能力があるだけで、苦労もないことに意味がない。しかし、この世には見るだけで覚えられない人がたくさんいて、何かを覚えたいときに、書いて覚える人もいるし、身体動作とかみ合わせたり、音で覚える人間もいる。

学習法というのは人それぞれなのだろう。自分はよく見れば覚えられるし、どうなっているかの構造がだいたい理解できる。書いたりしてもあまり覚えられない気がする。「よく見る」というのは技術なのだろうか、それすらもわからないくらい、よく見るという行為が体に染みついてしまっている。ただその中にも得手不得手があるし、覚えるのが苦手な種類もある(折り紙などの立体構造)。そういうときに、他の人はどうやっているんだろう?という疑問が初めて湧き立つ。そこで、初めて学習法というものが役立つ。

今まで生まれてきた人間たちが、様々な困難に対して学習を行ってきていて、それを踏襲するだけだ。ただそれだけの話ではないだろうか。そしてこの話に特に意味はない。

アンケート調査における反応歪曲

人間はアンケート調査で嘘をつくことがある。意識的につく人間もいれば、無意識的に嘘をつくこともある。

一部のアンケート調査において、反応歪曲と呼ばれるものだ。

 反応歪曲のパターンは以下の3つに分類される。

続きを読む

成績の低い人が、自分の成績を高く見積もりやすい現象は、自分が劣っていることを認めたくない、あるいは自分は能力が高いと思いたいとの動機によるものではない

タイトルが結論です。

成績の低い人が、自分の成績を高く見積もりやすい現象は、自分が劣っていることを認めたくない、あるいは自分は能力が高いと思いたいとの動機によるものではない、ということがわかってきています。

 

f:id:void_25:20200124152508p:plain

出所:Ehrlinger, Johnson, Banner, Dunning, & Kruger (2008)


ではどうして自分の成績を勘違いしてしまうのか?

端的に言えば視点や考え方の固定化です。

成績の低い人は評価を行う際の適切な視点が欠如している可能性、つまり正しい評価を行うメタ認知が欠如することに起因する可能性が高いのです。

「自分はほかの人間とは違う」

「運が悪かっただけだ」

さしたる論拠もなく、このような発言をする人はメタ認知能力が低いと思われます。

ではどうすればメタ認知の能力を向上させられるのか?

 

続きを読む

Covid-19 予測と考察 0410

 

f:id:void_25:20200410125622p:plain

Covid-19 prediction

 

感染者数…厚生労働省発表

2次回帰予測…2/14-3/15までのデータ

 

感想

大きくトレンドから外れて、指数関数的な増加を見せ始めた。

ポイントは3月26日。感染爆発は止められないことはわかっていたが、このポイントという予測はかなり難しかったといえるだろう。調査をし始め、日本での感染初期であるS亜型ではなく、より感染力の強いL亜型が日本で流行し始めたことを知る。

 

そろそろ、神に祈りだしたり病気に対して人格を持たせたような行動を始める人間が増えるだろう。

だが、Covid-19はただの疫病だ。神に祈っても誰かに怒っても地球に謝っても、ウィルスには効果がない。
人が死ぬのは感染症の症状で、誰かのせいではないのだから。

 

ここからは3/30時点のツイート(非公開)より。

東京都の感染率が急に上がってるように見えるが、入国制限3/19までに50万人ほど国外から流入。そのうちのたった0.1%でも5000人の罹患者がいて、拡散数平均2と仮定すると10000人。 ちなみに感染者数が5000人を超えると隔離困難に陥る。 感染拡大は止められなかった。」

予測では5000人を超えるのが4/4,5ごろ。なので来週の月曜(4/6)にはロックダウン(都市封鎖命令)が出ると考えられる。 ちなみにピークの予測は4月16日ごろで、そこまではシグモイド曲線のように上昇を続ける。 結論として、今週中に食料、日用品は備蓄しておかないとヤバくね?ってこと。ポカリも買っとこ

 

予測よりも抑えられていたが、むしろ上昇率が気になる。

S亜型ではなく、感染力の強いL亜型の感染が広がり始めたことを知る。

4/6時点 緊急事態宣言発令を受けて

4/7(火)緊急事態宣言。ほぼ予測通り。 厚生労働省データだとPCR陽性3191人だけれど、実際の罹患者でどれだけいるか予測がつかない。 軽度の症状含めざっと7000人〜最大20000人ほどいるだろう。 病院も受け入れ限界が近い。ほとんどの罹患者は自宅隔離となるだろう。

 知り合いが300人くらいいれば、そろそろ誰かが感染し始めるころだろう。感染しないのが一番だが、感染した時の対策をしよう。
確率的な不運は避けられないが、不幸は対策により避けられる。

Covid-19 予測 20200326

20200315までのデータで分析。

 

f:id:void_25:20200326160642j:plain

 

順調な増加傾向。3月19日時点で、予想より高く(早く)ピークに向かっていくのだろうかも思ったが、意外と抑えられている。

罹患者が急増しているというニュースを見たが、データからみるとそうでもなく、2次関数的には予定通りである。突発的に罹患者数が増えているわけではないので報道は不思議だ。