空洞

Hearthstone(ハースストーン)の話など。雑記もあります。

学歴という名の呪い

 
 
 

「あなたの持つ東京大学大学院卒業という学歴は、あなたのこれからの人生で呪いとなりうるかもしれない」

と卒業式で学科長が述べていた。

 

だいたいの卒業生はエリートコースを強制的に選ばせられる。会社もその前提で入社をさせたりして、重い業務にきつい残業を与えたりする。そんなもの求められておらず、やりたい人がやればいいのに、と誰もが思うようなことを卒業生たちは心のどこかで思っているのだろう。

しかしながら、自分にとっては他愛のないことなのだが、周りの人間から見たら特異なことであることはままある。足がないくらいで障碍者だからほかの能力もないと思われたり、顔の各パーツが数ミリずれている程度で勝手な嫉妬を受けたりと、人間はやはり外側の皮を重視する傾向にあるのだからしかたのないことなのだ。この世にいる限り因果応報で自業自得ってことか。

 

それにしてもまあ、自分より賢い人間が考えていることはわからなくないかい?

実際、研究室の後輩たちは非常に優秀でかなわんなあと思うことは何度もあった。飲み会で四元数の話をしたり、ハードSFの話で時間や空間の話をできる場所は日本では数少ない。全くもって専門ではない科学に対して、恐れなく話せるのは知能の高さに依存する。

人間は、自分の知覚より広い世界の話を理解できないことがある。
例えるならば、

①未来の概念が把握できない場合

「明日は雨が降るみたいですね」

「今は降ってないから明日はどうなるかわからないじゃないか」

 

②場所の概念が理解できない場合

「大阪では雨が降っているみたいですね」

「ここは雨が降ってないから雨は降ってないぞ」

 

これはありえないと思うかもしれないが、特に優れた脳を持つ人間から見たら普通の人の認知能力などこの程度のものだ。複素数を概念として理解できない人間のために、ガウスみたく複素数平面を作ったりして、誰でもある程度認知できるようにして、配慮してくれている人間には頭が上がらない。自分よりずっと優れた認知を持つ人間から見た世界は、どう見えているのだろうか。

ではまた。