読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空洞

Hearthstone(ハースストーン)の話など。雑記もあります。

話が下手な人

ツイートの続き

まず1の話せるけどくっそつまんない人、これはエンカウント率が高くて、本人が気づいていないパターンが多いです。
なんでつまんないのか? それは「相手の話を聞いていない」からです。厳密には、周りのリアクションを一切見聞きしていないのです。しゃべってるときに「あれ、これ、この空気、やっちまったか?」っていうときありますよね。↓
感じたことがあればこのタイプではないです。自己の行動の客観化ができていれば明日から、いや、このツイートを読み終わった瞬間からあなたは話がめっちゃ上手くなります。嘘です。少しずつレベル上げしていきましょう。↓
2の話の大縄の前で右往左往してるタイプ。これも「相手の話を聞いていない」ことが原因です。あなたの考えすぎで、相手のアクションを見聞きしていないことが多いです。
このタイプは、聞き上手に分類されることが多いです。しかし実際は単純に聞き返せないだけなのです。相手が勝手に満足して、対話できずに会話が終わってしまいます。この人がいると会話が面白いってタイプにはならないでしょう。↓
3の人は1と2の複合型です。話すという行為は無意識に「現在」「過去」「未来」という3つのことについて考えます。「現在話していること」「何を話したのか」「これから何を話すのか」の3つを平行して考えないとこんがらがってしまいます。『大好きが虫はタダシくんの』です。そういう方は今に集中しましょう。今相手が何を話しているのかさえわかれば、過去と未来は気にしなくてかまいません。
さて、3つのタイプのどれかに心当たりがあったでしょうか?
ここからはどうやって話をすればいいのか、解決編です。